団塊世代の想い出 昭和のアイドル 1950〜1970年代にタイムスリップ !

http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/

和泉雅子

和泉雅子 (本名 : 同じ 愛称:マコ) 1947年7月31日/東京・中央区銀座生まれ

和泉雅子は1947年7月、東京・銀座で三代続いた寿司割烹店を営む家庭に生まれた。恵まれた家庭環境の中で育ち、僅か十代で劇団若草に所属し子役として日活映画にも出演をしていた。彼女が頭角を現したのは、1963年3月封切りの『非行少女』で主演を演じた映画からだった。また歌手としても既にデビューしていたが、5枚目のシングル、1966年9月にリリースされたベンチャーズが作曲した山内賢とのデュエット曲「二人の銀座」が大ヒットとなった。翌年には日活より同名タイトルにて映画化され彼女の人気も絶頂期に入り、吉永小百合、松原智恵子らと共に「日活三人娘」と呼ばれ数々の青春映画に出演し人気を博した。しかしながら1972年には日活の路線変更により映画出演からTVドラマでの活動に移行していった。
1983年12月、ドキュメンタリー番組(テレビ東京)のレポーターとして訪れた南極の壮大な自然や様々な生き物の姿に大感動し、南極の次は「地球のてっぺんに立ってみたい」と夢を持つようになっていった。次第に彼女は夢を実現化する為にTV出演を控えるようになり、冒険家としての体力作りに励んでいった。最初の挑戦は1985年だった。3月23日に北極点踏破を目指したが残り148キロの地点で断念し失敗に終わってしまった。4年後の1989年3月10日に再度挑戦。北極点を目指し2ヶ月後の5月11日、日本人女性として初めて達成する偉業を成し遂げた。
現在も冒険家として、また女優としても活動している。

出演映画

〜主な出演映画〜
七人の挑戦者
日活 昭和36年(1961年)07月公開 ※デビュー作品
若い爪あと
日活 昭和37年(1962年)05月公開 ※初主演作品
非行少女
日活 昭和38年(1963年)03月公開
交換日記
日活 昭和38年(1963年)05月公開
あゝ青春の胸の血は
日活 昭和39年(1964年)09月公開
北国の街 日活 昭和40年(1965年)03月公開
高原のお嬢さん
日活 昭和40年(1965年)12月公開
哀愁の夜
日活 昭和41年(1966年)03月公開
絶唱
日活 昭和41年(1966年)09月公開
二人の銀座
日活 昭和42年(1967年)02月公開
花の恋人たち
日活 昭和43年(1968年)01月公開
あゝひめゆりの塔
日活 昭和43年(1968年)09月公開
LinkIcon全ての出演映画はこちらに

.

レコード・リリース

昭和40年10月 めぐり逢う日は
昭和41年02月 ユー・アンド・ミー ※デュエット 山内賢
昭和41年03月 やさしくしかってね
昭和41年08月 教えて欲しいの
昭和41年09月 二人の銀座 ※デュエット 山内賢
昭和42年03月 星空の二人 ※デュエット 山内賢
昭和42年05月 二人の朝 ※デュエット 山内賢
昭和42年09月 東京ナイト ※デュエット 山内賢
昭和43年09月 燃える真珠 
昭和44年03月 霧の灯り 
昭和44年05月 小さな恋の物語 
昭和44年09月 恋の口笛 
昭和45年0?月 恋のめまい 
昭和46年02月 私はジュリエット 
平成20年09月 おとなの銀座/東京ナイト ※デュエット 山内賢

.

主な受賞

第3回モスクワ映画祭
1963年 金賞 受賞映画 ※日活映画『非行少女』

エラドール賞
1963年 新人賞

.
izumi_01.jpg