団塊世代の想い出 昭和のアイドル 1950〜1970年代にタイムスリップ !

http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/

アグネス・ラム

アグネス・ラム(本名:アグネス・ナラニ・ラム Agnes Nalani Lum)1956年5月21日 米国ハワイ州オアフ島生まれ

アグネスラムアグネス・ラムは、ハワイ生まれの中国系アメリカ人で、高校卒業後の1973年、モデルとして活動を始めた。
158cm46kgとモデルとしては小柄ではあるが、そのグラマーな体系(90-55-92/cm)東洋的神秘な雰囲気に着目したクラリオンが、日本でのモデル契約を交わした。
1975年6月、初代クラリオンガールに選ばれたアグネスラムは「エメロンミンキー」のCMに出演。美顔で小麦色した健康的な肌、愛くるしいルックス等々、瞬く間に若者の間で評判となり「アグネス・フィーバ」が起き一世を風靡した。
1975年11月、渋谷の東急百貨店で開催された「写真展兼サイン会」にはファンが殺到し、長蛇の列となった。そして、NHKの紅白歌合戦に応援ゲストとして出場もした程の大人気ぶりだった。数々のCMやヤング人気雑誌「平凡パンチ」「週刊プレイボーイ」「GORO」等でも表紙を飾り特集も組まれ、当時の若者達の心を掴んだ。駅構内に貼られたアグネスのポスターは、ファンによって直ぐに剥がされ持ち去られたという、異常とも思われるフィーバーぶりだった。
さらに、1976年には弾厚作(加山雄三」作曲による「雨あがりのダウンタウン」をリリース、歌手としてデビューも果たした。1981年2月、加山雄三主演の東宝映画「帰ってきた若大将」でフローラ役としてゲスト出演をもした。
1986年にハワイの幼なじみと結婚、翌年の1987年12月に双子の息子が誕生。
1990年代に入り「金鳥・タンスにゴン」や「ダイハツ・パイザー」のCMにも出演している。
また、2000年に入ってからも、写真集が改訂出版され発売されたが、瞬く間に売り切れ、中古市場ではプレミアムが付くというアグネス人気は未だ衰えていない。
現在は、生まれ育ったハワイで悠々自適に暮らしているという。
2008年、ついにパチンコ機種で登場
パチンコメーカー「SANYO」から「大海物語スペシャルWithアグネス・ラム」名のパチンコ機が誕生した。これも団塊世代の圧倒的人気ゆえの商魂からであろうか。

レコード・リリース

シングル      
1977年07月 雨あがりのダウンタウン 作詞:山川啓介 作曲:弾 厚作
1978年03月 さよならは言わない 作詞:庄野真代 作曲:小泉まさみ
アルバム      
1977年 AM Agnes Lum    
1978年 With LOVE Agnes Lum    
C D      
1997年07月 With LOVE Agnes Lum    
2002年12月 アグネス・ラム BEST    
2009年01月 ゴールデン☆ベスト アグネス・ラム

.

写真集

主な写真集
1976年「アグネス・ラム ヤング・アイドル・ナウ Vol.16」
1976年「アグネス・ラム ひとりぼっちのメルヘン」
1978年「写真集アグネス・ラム」
2000年「Agnes Lum」
2000年「アグネス・ラム写真集 Hibiscu」
2001年「インターネット篠山紀信 S BOOK アグネス・ラム」
主な特集号
1976年「映画ファン/7月臨時増刊号 アグネス・ラム特集号」
1976年「平凡パンチ臨時増刊 HAWAIIAN GIRL’S 76」
1976年「週刊プレイボーイ アグネス・ラム&CMアイドル特集号」
1976年「激写 別冊ビッグGORO」

.