ザ・ランチャーズは加山雄三主演映画『若大将シリーズ』の演奏シーンで使うために藤本真澄プロデューサーの呼びかけにより、1961年、東宝の俳優仲間やスタッフなどのギター好きを集めて結成された。またこのユニットは、翌年の1962年に開かれる「東宝創立30周年記念のパーティー」に出演する為にでもあった。バンド名は湘南で育ちヨット好きの加山雄三らしく船が進水する(Launch)との意味合いから付けられた。当初このユニットは、俳優仲間との一時的な結成だったが、従兄弟の喜多嶋修(喜多嶋舞の父親)、修の兄の喜多嶋瑛、大矢茂を迎え入れ、新メンバーにて本格活動を再開。「ブラック・サンド・ビーチ」(作曲:加山雄三)などのヒット曲を飛ばした。GSブームのさなか、多忙な加山雄三の代わりに渡辺有三が加入、1967年11月「真冬の帰り道」をリリース。独立デビューを果たしたランチャーズはグループサウンズとして生まれ変わっていった。
1969年暮れには喜多嶋瑛が当初からの希望である大学卒業を控えて現役を退き、彼の後釜として元「ホワイト・キックス」の河手政次を迎え入れた。ランチャーズとして6曲のシングル、2枚のアルバムをリリースしたが「真冬の帰り道」以上のヒットには恵まれず、1970年3月リリースしたシングル「マドレーヌ」を最後に活動を停止した。

活 動 :1961年?月〜1963年頃?(初期メンバー)/1965年〜1966年(第2期メンバー)/1967年〜1970年春 解散(第3期メンバー)

初期メンバー
第二期メンバー
 第三期 独立メンバー(GS 時代)
 加山雄三 ヴォーカル、ギター  加山雄三 ヴォーカル、ギター  喜多嶋修 ヴォーカル、ギター
 津田 彰 ギター  喜多嶋修 ギター  大矢 茂 ギター
 白石剛敏 スチール・ギター  大矢 茂 ギター  渡辺有三 べース
 速水 洸 スチール・ギター
 喜多嶋瑛 ドラムス  喜多嶋瑛 ドラムス ('69年10月離脱)
 三木敏彦 ピアノ      河手政次 ドラムス ('69年10月加入)
 佐竹弘行 べース         
 二瓶正也 ドラムス        
※<初期メンバー>途中、白石剛敏に代わり速水洸が参加。交代時期は『銀座の若大将』と『ハワイの若大将』の間頃だろうか?(詳細不明)

シングル・リリース

ブラック・サンド・ビーチ/ヴァイオレット・スカイ('65年12月)
■ バッキング・シングル
恋は紅いバラ/君が好きだから('65年6月※A面 演奏&コーラス
蒼い星くず夕陽は赤く('66年4月)※B面 演奏&コーラス
白い浜/ブーメラン・ベイビー('66年6月)※両面共 演奏&コーラス
夜空を仰いで/旅人よ('66年10月)両面共 演奏&コーラス
幻のアマリリア夢の瞳('67年12月※B面 演奏&コーラス

アルバム・リリース

■ バッキング・アルバム
加山雄三のすべて ~ザ・ランチャーズとともに〜 ('66年1月)
オン・ステージ ~ランチャーズと共に~('68年12月)※ライブアルバム
LinkIconアルバム・リリース全曲収録リストはこちらをクリック

.
kayama26lunchers.jpg

シングル・リリース

真冬の帰り道/北国のチャペル('67年11月)
教えておくれ/愛のささやき('68年3月)
シリウスの涙/想い出のジュリエット('68年6月)
不機嫌な水溜り/HELLO! BABY MY LOVE('68年12月)
砂のお城/雲を追いかけて('69年6月)
マドレーヌ/昔も現代も真実はこれにつきる('70年3月)

アルバム・リリース

フリー・アソシエイション ('68年12月)
OASY 王国 ('69年9月)
LinkIconアルバム・リリース全曲収録リストはこちらをクリック

加山雄三 (本名:池端直亮 ) 1937年4月11日/神奈川・横浜生まれ(神奈川・茅ヶ崎育ち)
89C18ER97Y8EO.jpg加山雄三父親に俳優の上原謙、母は女優の小桜葉子と恵まれた環境で育ち、1960年、慶應義塾大学法学部卒業後、東宝から俳優としてデビュー。
1961年から始まった東宝映画「若大将シリーズ」では若手看板スターとして実力を発揮した。
一方、シンガーソングライターとして弾厚作(だんこうさく)名で作曲も手がけ、1965年には映画「エレキの若大将」の挿入歌「君といつまでも」は350万枚をも売り上げる大ヒットを飛ばし「第6回日本レコード大賞 特別賞」を受賞。
俳優、シンガーソングライター、タレント、作曲家、ギタリスト、ピアニスト、画家でもあり多岐に渡って活躍。

津田 彰
東宝芸能学校(第1期生)卒業後、1957年2月公開の『御用聞き物語』で映画初デビュー。1962年2月公開『銀座の若大将』では同期の佐竹弘行、速水洸と共に出演。映画では大学のバンドサークルに所属、演奏シーンでギター担当。若大将シリーズには1963年8月公開『ハワイの若大将』、1965年6月公開『エレキの若大将』にも出演。その後、俳優業を引退。のちに円谷プロの営業部長となる。現在は不明。

白石剛敏
東宝映画のスタッフとして勤務していたところ、加山雄三に声をかけられ参加。『銀座の若大将』には演技スタッフとして関わっているが、残念ながら映画シーンには出演していない。現在は不明。

速水 洸
東宝専属俳優。1957年2月公開『御用聞き物語』で映画初デビュー。1962年2月公開『銀座の若大将』では津田彰、佐竹弘行と共に出演した。映画では大学のバンドサークルに所属、演奏シーンではスチール・ギター担当。若大将シリーズには1963年8月公開『ハワイの若大将』、1965年6月公開『エレキの若大将』にも出演。現在は不明。

三木敏彦(本名:同じ ) 1940年1月17日/滋賀県生まれ
東宝専属俳優。1962年9月公開『箱根山』で映画初デビュー。1963年8月公開『ハワイの若大将』に出演。1965年に東宝から離れ、文学座研究所第5期生として入所。1970年には座員となった。現在も映画、テレビドラマ、舞台と多岐にわたり活躍。

佐竹弘行
東宝専属俳優。1957年1月公開『忘却の花びら』で映画初デビュー。1962年2月公開『銀座の若大将』では同期の津田彰、速水洸と共に出演。映画では大学のバンドサークルに所属、演奏シーンではベース担当。若大将シリーズには1963年8月公開『ハワイの若大将』、1965年6月公開『エレキの若大将』にも出演。現在は不明。

二瓶正也(本名:二瓶正典 ) 1940年12月4日/東京・永田町生まれ
東宝俳優。1961年1月公開の『暗黒街の弾痕』で映画初デビュー。『ハワイの若大将』では江口敏(ヨット部マネージャー)役として出演、翌年の『エレキの若大将』にも出演した。その後、『ウルトラマン』シリーズではイデ隊員役として抜擢され大ブレーク。俳優業として映画の他、テレビドラマなどにも出演し活躍した。

喜多嶋 瑛 (本名:同じ) 1947年7月1日/神奈川・茅ケ崎市生まれ
lunchers_kitajima.jpg大学卒業を翌年に控えた1969年10月22日、東京サンケイホールのコンサートを最後に離脱した。1970年3月、慶應義塾大学商学部を卒業。社会人として芸能界から退く。
喜多嶋瑛は加山雄三氏の従兄弟であり、喜多嶋修の兄である。

喜多嶋 修 (本名:同じ) 1949年2月3日/神奈川・茅ケ崎市生まれ
lunchers_o_kitajima.jpg970年、慶應義塾大学在学中、アイドル女優の内藤洋子と結婚。1971年、慶應義塾大学卒業後、渡英しミュージシャンとして活動。一旦は帰国するも、1974年に再渡米しカリフォルニア州ロサンゼルスに永住。ハリウッドのTV・映画音楽でアーティストとして、またプロデューサーとしても活躍する。2000年には、レーベル会社”East Quest Records, Inc.”を設立。2004年、音楽療法士として博士号を取得した。女優”喜多嶋舞”の父でもある。

大矢 茂 (本名:浜田正彦) 1949年2月22日/東京生まれ
lunchers_ohya.jpg慶應義塾大学在学中の1968年に、東宝「リオの若大将」で映画俳優としてデビューした。1971年、慶應義塾大学を卒業。「若大将シリーズ」では二代目若大将として抜擢され、将来を期待された東宝のニューフェイスではあったが、爆発的な人気を確保するまでには至らず、芸名を、矢吹渡→浜田柾彦→矢吹渡と変え(※注1再起を計ったが、今現在は不明。

(※注1)<お詫び>芸名の変更に関しては別人の可能性が高く、また確認が取れないので取り消して訂正致します。
______Yamashita様よりご指摘を頂きました。(2015.01.31訂正)

渡辺有三 (本名:同じ) 1949年3月30日/東京・赤坂生まれ
lunchers_watanabe.jpg1971年、慶應義塾大学を卒業し、キャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)に入社。制作ディレクターとして、また音楽プロデューサーとして活躍。制作部長、常務取締役と昇進し、現在はポニーキャニオンの顧問として活躍中。
尚、元貴族院議員・平沼亮三の孫であり、俳優の石坂浩二とは従弟に当たる。

2014年1月2日、虫垂がんにより永眠(享年64)

河出政次 (本名:同じ)1947年生まれ
GS_notimage01.jpg1968年4月、GS「ザ・ホワイト・キックス」結成にドラマーとして参加。ザ・ホワイト・キックス解散後の1969年10月、喜多嶋瑛 離脱後に参加。ザ・ランチャーズ解散後は不明だが、その後は和太鼓奏者に転向した。
.
.
2003年1月16日、永眠(享年55)

オフィシャルサイト

LinkIcon加山雄三 オフィシャルサイトLinkIcon加山雄三ミュージアム

加山雄三 コンサート・ライブ 情報