http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

テリーズ

テリーズの誕生は、寺内企画にてバニーズの弟バンドを作る企画が持ち上がった事により始まった。メンバーを集めるにあたって、先ず目を付けたのが、専修大学付属高校の三年生だった長瀬敏之である。彼は、同校で活動していたエレキ・バンド "イソップス" のリーダーでリードギターを担当しており、抜群なギターテクニックの持ち主であった。そして、浅草の中川三郎ダンススタジオで活躍していた "ベガーズ" のメンバー5名を加えて発足された。グループ名は、寺内タケシのニックネームから命名。1967年9月25日に「想い出の星空」でレコード・デビューを果たした。メルヘンチィックな曲ではあったが、ヒットするまでには至らなかった。その後、3枚のシングルをリリースしたが、まったくヒットせず、テリーズは1968年暮れに解散していった。実力だけでは勝ち上がれない世界なのだろうが、長瀬敏之のギターテクニックが惜しまれるグループだった

__成 : 1967年0結成時グループ名 : 同じ)
デビュー : 1967年9月(デビュー曲 : 想い出の星空)
__散 : 1968年0(最終公演 : 不明)

テリーズ : メンバー

長瀬敏之 : リードギター
川瀬卓也 : サイドギター
岸本 徹 : ドラムス
土屋かつみ: キーボード
中村オサム: ヴォーカル
穂積卓夫 : ベース

.
terrys_top02.jpg

シングル・リリース

想い出の星空/ストップ・ダンス('67年9月)
二人だけの恋/恋する星空('68年2月日)
バラの想い出/ヨコハマ野郎('68年4月)
森かげの小道/サンセット・リバーサイド('68年11月

※アルバム・リリース無し

.

主な出演

テレビ
1967年9月9日..TBSテレビ 「ヤング720」 ※ゲスト出演

gs_back.jpg