http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

ザ・サニー・ファイブ

サニー・ファイブは、1967年8月に同志社大生を中心に京都で結成され、リーダーは元リンド&リンダースの高木和来。そしてメインヴォーカルも元リンド&リンダースの迎修二が担当した。
デビューするにあたりビクターは、同時期にデビューする "ザ・モップス" "ザ・ダイナマイツ" とのグループを合わせて「ビクター3大ポップス・サウンド」として三組合同のキャンペーンを張った。そしてサニー・ファイブのキャッチフレーズを<太陽の貴公子>として売り出していった。
同年11月10日、「太陽のジュディー」でレコード・デビュー。いずみたくが作詞した健全な正統派GSサウンドではあったが、大ヒットするまでには至らなかった。
翌年1968年4月には「白鳥のバラード」そして8月「想い出の京都」とシングルをリリースしていったが、どれもこれといってインパクトのある曲がなく、関西圏ではそこそこ知名度も人気もあったものの全国区とはなれず、結局三枚のシングルを出しただけで翌年の1969年には解散していった。

__成 : 1967年08月 (結成時グループ名 : 同じ)
デビュー : 1967年11月 (デビュー曲 : 太陽のジュディー )
__散 : 1969年07月 (最終公演 : 不明)

ザ・サニー・ファイブ : メンバー

高木和来 リードギター、ヴォーカル リーダー
迎 修二 メイン・ヴォーカル
中 輝彦 サイドギター
武田信平 ベース、ヴォーカル
三浦和男 ドラムス('68年春脱退)
サンダー永野 ドラムス('68年春参加)

シングル・リリース

太陽のジュディー/涙のファースト・ラブ('67年11月)
白鳥のバラード/花のような少女('68年4月)
想い出の京都/夜明けまで踊ろう('68年8月)
※アルバム・リリース無し

.

主な出演

テレビ
1968年3月18日 TBSテレビ 「ヤング720」 ※ゲスト出演

プロフィール・そしてその後は?

高木和来 1948年11月15日生まれ リーダー)
k_takagi.jpg1967年に ザ・リンド&リンダース を脱退してザ・サニー・ファイブを結成。解散後は不明。

迎 修二 1949年12月20日生まれ
m.jpg1967年、"ザ・リンド&リンダース" を高木和来と共に脱退。ザ・サニー・ファイブ結成に参加。解散後は不明。

中 輝彦 1948年3月3日生まれ
naka.jpg

武田信平 1948年7月8日生まれ
takeda.jpg

三浦和男 1948年2月19日生まれ
miura.jpg1968年春にザ・サニー・ファイブを脱退。

サンダー永野 1948年生まれ
GS_notimage01.jpg1968年、三浦和男 脱退後に後釜のドラマーとして参加。

gs_back.jpg