http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

ジ・オックス OX

オックスは、1967年秋、元ザ・キングスのメンバーだった福井利男、岩田裕二が中心となってメンバーを集め、1967年11月結成された。メンバーは、福井利男、岩田裕二の他、マッコイズにいた岡田志郎と杉山則夫、ハタリーズの赤松愛、サンダースにいた栗山淳の6名でスタート。12月1日には大阪 "ナンバ一番" で初ステージを踏む。結成当時はバックボーンに在籍していた野口ヒデトも12月28日正式にメンバー入りをした。翌年の1968年1月には、杉山則夫と栗山淳が脱退したが、それでも1月に来日したスウェーデンのインストルメンタル・バンド "スプートニクス" の関西公演に前座を務める活躍をした。3月17日には上京が決まったオックスの "サヨナラ公演" が大阪・梅田のクラブで催された程、関西では人気の高かったグループだった。上京後、渋谷の2DKマンションで合宿。デビュー前は、都内のジャズ喫茶で演奏。演奏中に熱狂するあまり、ステージから転落し気絶するというパフォーマンスで、少女達を中心にたちまち人気を集めるようになっていった。
1968年5月に「ガール・フレンド」(オリコン6位)でレコード・デビューを果たした。野口ヒデトの甘い歌声、赤松愛のメルヘンチックな雰囲気などに多くの少女を魅了し人気も急上昇。「ダンシング・セブンティーン」(オリコン28位)「スワンの涙」(オリコン7位)「僕は燃えてる」(オリコン18位)などのヒット曲を次々と飛ばし、タイガース、テンプターズに並ぶ超人気グループとなっていったが、「テルミー」の演奏中にステージで赤松愛の失神が熱狂的なファンにも触発され、失神者が続発するという現象が社会問題化された。マスコミや教育界から顰蹙をかい、加えてPTAや地婦連の抗議活動もあって、コンサート会場としての使用を、劇場や自治体から拒否されることが多くなっていった。(赤松愛は、後に自身の失神は演技だったと暴露したが・・・)
1969年5月5日に赤松愛が突然失踪、その後脱退した。急遽、GS オリーヴ結成に参加する予定でいた田浦幸を5月10日に迎え入れたが、すでにこの頃からGSブームも低迷し、オックス人気にも陰りが見え始めていた頃であった。GSブームも終焉となった1971年5月31日、池袋のジャズ喫茶「ACB」での公演を最後に解散した。

__成 : 1967年11月 (結成時グループ名 : 同じ)
デビュー : 1968年05月 (デビュー曲 : ガールフレンド)
__散 : 1971年05月 (解散コンサート:全国ツアー 4月〜5月 ファイナル公演 ラストステージ 『池袋 ACB』5月29日〜31日)

オックス : メンバー

福井利男 : ベース リーダー
岩田裕二 : ドラムス
岡田志郎 : ギター
野口ヒデト: ヴォーカル
赤松 愛 : キーボード、ヴォーカル
_______('69年5月脱退)
田浦 幸 : キーボード
_______('69年5月加入)

.

シングル・リリース

主なヒット曲
ガールフレンド('68年5月)
ダンシング・セブンティーン('68年9月)
スワンの涙('68年12月)
僕は燃えてる('69年3月)
ロザリオは永遠に('69年6月)
※他、全9枚リリース
LinkIconシングル・リリースAB面全曲リストはこちらをクリック

アルバム・リリース

オックス・ファースト・アルバム ('68年12月)
テル・ミー/オックス・オン・ステージ No.1 ('69年3月)
LinkIconアルバム・リリース全曲収録リストはこちらをクリック

.

主な出演

テレビ
1968年07月12日~ TBSテレビ 「ヤング720」 ※準レギュラー出演
1968年10月~ 日本テレビ 「爆笑ヤングポップス」 ※ゲスト出演
1968年10月~ フジテレビ 「レッツゴー! ヤングサウンズ」 ※ゲスト出演
1969年01月~3月 日本テレビ 「ディン・ドン・ダン」※レギュラー出演 アシスタント:和田アキ子
映 画    
1968年07月公開 松竹 「天使の誘惑」※黛ジュン主演
1969年03月公開 松竹 「落葉とくちづけ」※ヴィレッジ・ シンガーズ 主演
1970年05月公開 日活 「女番長 野良猫ロック」※和田アキ子・梶芽衣子 主演 ザ・モップス ゲスト出演

オックス解散後の音楽活動

福井利男__バンド「ピープル」「ローズマリー」へと移籍参加 LinkIconローズマリー
岩田裕二__バンド「ハリマオ」結成→ 音楽プロデューサー
岡田志郎__バンド「ピープル」「ローズマリー」へと移籍参加 LinkIconローズマリー
野口ヒデト_演歌歌手(真木ひでとに改名)
赤松 愛__芸能界から引退
田浦 幸__ソロ・シンガー→ 俳優(夏夕介に改名)

プロフィール・そしてその後は?

福井利男 (本名 ; 同じ) 1947年1月29日/滋賀・大津市生まれ
愛称 : トシオ (リーダー)
福井利男1967年8月に関西圏で人気を得ていた "ザ・キングス" を離脱後、「オックス」を結成。オックス解散後は "ピープル" を結成した。その後、ピープルを発展解消しメンバーチェンジをして名称を "ローズマリー" へと改名、バンド活動を続ける。ローズマリー解散後はクラブ経営等を経て、現在は渋谷区幡ヶ谷にて飲食業を経営中。

岩田裕二 (本名 : 岩田裕次) 1946年4月15日/滋賀・大津市生まれ
愛称 : ユージ
岩田裕二福井利男と共に "ザ・キングス" を離脱後、「オックス」結成に参加。オックス解散後は"ハリマオ" を結成させマネージメントに携わる。その後は、音楽プロデューサーに専念し現在も活躍中。

岡田志郎 (本名 : 岡田史郎) 1949年6月9日/大阪・枚方市生まれ
愛称 : シロー
岡田志郎オックス解散後、一旦は渡米したが帰国し、福井利男が結成した "ピープル" " ローズマリー" へと移籍しバンド活動を続ける。その後、音楽プロデューサーとして現在も活躍中。

野口ヒデト (本名 : 野内正行) 1950年11月27日/福岡・田川市生まれ
愛称 : ヒデト
野口ヒデト"木村幸弘とバックボーン” を経て、オックスに参加。オックス解散後、アマチュア発掘番組「全日本歌謡選手権」に出場し10週勝ち抜きチャンピョンに輝く。演歌歌手とし、"真木ひでと" に改名。「夢よもういちど」で再デビューした。
1988年には "タイガース・メモリアル・クラブ・バンド" に参加。現在もソロ歌手として活動中。
近年では、毎年開催されている『グループサウンズ・カーニバル』等にレギュラー出演しているほか、元タイガースの加橋かつみ、ブルーコメッツの三原綱木と共に『GSビッグスリー』のユニットを組みコンサートや ディナーショーにて活躍中である。

赤松 愛 (本名 : 赤松義信) 1951年2月14日/兵庫・芦屋市生まれ
愛称 : アイちゃん
赤松 愛1969年5月突然失踪し、オックスを脱退。そして芸能界から引退した。ロンドンにて生活していたが、帰国し亡父の会社経営を引き継ぐ。帰国後の、1970年6月3日から26日に公演した新国劇主催の舞台劇「あしたのジョー」に、石橋正次(矢吹丈 役)らと共に青山 役として出演した。

田浦 幸 (本名 : 田浦久幸) 1950年10月30日/熊本・荒尾市生まれ
愛称 : ユキ
田浦 幸GS "オリーヴ" 結成に参加する予定でいたが、1969年5月、赤松愛の代わりに急遽参加。オックス解散後はソロ歌手としてデビューしたがヒットには結びつかず、俳優業に進み”夏夕介”に改名。TV、映画にて大活躍した。一時期、ハント症候群という病気に罹り、しばらく表舞台から姿を消していたものの、克服し劇団「シアタージャパン」の俳優代表として活躍した。
2010年1月27日、胃がんにより永眠 (享年59)

gs_back.jpg