http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html


ザ・リバティーズは、1964年に松竹ニューフェイスの4人によって結成されたアマチュア・バンド "ザ・ダイヤモンズ" が始まりで、1966年10月に "トニーズ" と改名、"吉永小百合とトニーズ" 名義で「勇気あるもの」をリリースし初デビューを果たした。この曲が大ヒットし、また吉永小百合のバック・バンドとして活躍した事により彼らの知名度は上がっていった。翌年の1967年1月には初の単独シングル「愛のペンダント」をリリースしヒットしたが、それ以降はヒット曲にも恵まれず、鳴かず飛ばずの状態が続いていた。1968年暮れには実力を養うために日本を離れ、ハワイのナイトクラブ等で4ヶ月ほど演奏活動をした。帰国後の1969年3月、GS路線に変更するため、"ザ・リバティーズ" に改名。8月に「渚に消えた恋」をリリースし再デビューしたが、GSも終焉した時期だけにヒットするまでには至らなかった。翌年には "ファイブ・ジャックス" と名前を変え「めぐり逢うのが遅すぎた」をリリースし再々デビューしたが話題にすら上がらなかった。更に "ブルー・シャンデリー" と改名し再起を図ったが、浮かばれる事も無く自然と消滅していった。これだけ路線変更しグループ名を変えていったグループは、たとえレコード会社の意向としても、他に類のないグループであろう。

__成 :1964年?月結成時グループ名 :ザ・ダイアモンズ → トニーズ)※1969年3月、ザ・リバティーズに改名
デビュー :1969年8月(デビュー曲 :渚に消えた恋)※GSに路線変更後のデビュー曲
__散 :1970年?月(最終演奏 : 不明)※ファイブ・ジャックスに再改名、ムード歌謡グループに路線変更

ザ・リバティーズ:メンバー

1964年結成時からのメンバー
新城健二 : リードギター
杉本哲章 : サイドギター
秋元栄次 : ベース
栗原嘉明 : ドラムス
ザ・リバティーズから参加
芝 宏二 : キーボード

シングル・リリース

渚に消えた恋/愛のペンダント('69年8月)

※アルバム・リリース無し

.
libertys.jpg
結成時メンバー
(上段)秋元秀泰
(中段右側)栗原嘉明
新城健史_杉本哲章(下段)

gs_back.jpg