http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

内田裕也とザ・フラワーズ

ザ・フラワーズは、ロカビリー歌手の内田裕也が1967年11月に、元ブルー・ファイヤーの麻生京子、タイガースのボーヤだった千葉ひろし、そして、ザ・レインジャーズの小林勝彦、和田ジョージ、橋本健、奥進の4人を加えて「銀座ACB」でステージデビュー。当初、加瀬邦彦の作曲した「愛するアニタ」でレコードデビューする予定でいたが中止となってしまった。レコードデビューする前の1968年7月には千葉ひろしが病気療養の為に抜け、代わりにスパイダースのボーヤだった中村ケントが加入。1969年1月、待望のレコードデビューを果たした。サイケデリックを売り物にしたグループではあったが、最初のシングルは「ラスト・チャンス」という歌謡曲調のものだった。のちに発売されたアルバム「チャレンジ!」だけがニュー・ロック調の曲ではあったが、2枚目のシングルも歌謡曲調であり、内田裕也の目指す方向性のものと掛け離れた曲となってしまった。1970年には、バンドの再編を図りメンバーを一新、名前も「フラワー・トラベリン・バンド」と改名、ニューロックに参入していった。

__成 : 1967年11月結成時グループ名 : 同じ)
デビュー : 1969年01月(デビュー曲 : ラスト・チャンス)
__散 : 1970年02月(最終公演 : 不明 )※ 発展解消 → フラワー・トラベリン・バンド結成

ザ・フラワーズ : メンバー

内田裕也  MC、ヴォーカル、タンバリン
和田ジョージ : ドラムス
奥ススム : リードギター
橋本 健 : ベース
麻生レミ : ヴォーカル、サイドギター
小林勝彦 : スチールギター
千葉ひろし: ヴォーカル ('67年7月病気療養の為、離脱)
中村ケント: ヴォーカル ('67年7月参加)

.
フラワーズ

シングル・リリース

ラスト・チャンス/フラワー・ボーイ('69年1月)
ファンタジック・ガール/夜霧のトランペット('69年11月)

アルバム・リリース

チャレンジ! ('69年7月)
ロック・ライヴ/モップス・アンド・フラワーズ ('71年1月)
※スプリット盤 解散後リリース

LinkIconアルバム・リリース収録曲リストはこちらをクリック

.
アルバム『チャレンジ!』

主な出演

映 画
1968年09月 日活「あゝひめゆりの塔」※吉永小百合・浜田光夫・和泉雅子 主演
1968年11月 東宝「コント55号 世紀の大弱点」※コント55号 主演
1969年03月 日活「無頓・殺せ」※渡哲也・松原智恵子 主演
1969年03月 日活「恋のつむじ風」※和田浩治・松原智恵子 主演

ザ・フラワーズ→ フラワー・トラベリン・バンド

1970年2月、内田裕也プロデュースにより結成された。メンバーは、フラワーズから和田ジョージ、元GS「ザ・ビーバーズ」の石間秀樹、「ザ・タックスマン」の上月ジュン、「フォー・ナイン・エース」から城アキラ(ジョー山中)を迎え入れロック・バンドとしてスタートした。

メンバー('70年2月結成時)
内田裕也 __: MC → プロデュース
和田ジョージ : ドラムス
石間秀樹 __: リードギター(元ザ・ビーバーズ
上月ジュン _: ベース(元ザ・タックスマン
城アキラ __: ヴォーカル(元フォー・ナイン・エース
アルバムリリース
Anywhere('70年10月21日)他、5枚リリース

.
flower_Travellin_Band.jpg

プロフィール・そしてその後は?

内田裕也 (本名 : 内田雄也 ) 1939年11月17日/兵庫・西宮市生まれ
内田裕也1970年2月、ザ・フラワーズを発展解消し "フラワー・トラベリン・バンド" を結成、プロデュースを担当。1973年10月、悠木千帆(現・樹木希林)と結婚。1970年代後半からは映画俳優としても活躍。1991年には東京都知事選挙に立候補するなど数々のエピソードを作った。現在でも日本のロックの首領と君臨し、その影響力は多大である。

和田ジョージ
wada.jpg1970年2月、" フラワー・トラヴェリン・バンド " 結成時に参加。再結成後もメンバーの一員に加わり現在も活躍中。また1997年からはロックバンド "クールス" にサポートメンバーとしても参加している。

奥ススム 大阪・岸和田市生まれ
奥ススムザ・フラワーズ解散後は、泰 英二郎(横山エントツ)とバンドを組む。現在は不明。

麻生レミ (本名 : 土生京子 ) 1944年3月5日/東京都生まれ
麻生レミザ・フラワーズに参加する以前は、麻生京子 名義にて1960年からは "ジャッキー吉川とブルーコメッツ" でヴォーカルとして参加した事もあり、和製ワンダージャクソンと言われ活躍していたロックンロールシンガー。1962年5月に「ハンガリア・ロック」でレコード・デビューを果たした。1965年に "麻生京子とブルー・ファイア" に参加。1967年、ザ・フラワーズ参加にあたり麻生レミに改名した。" フラワー・トラヴェリン・バンド " には参加せず渡米。その後、ロックバンド "麻生レミ&WYND" を結成、ライブを中心に活躍した。

石間秀樹 (本名 : 石間秀機) 1944年3月21日/北海道・札幌市生まれ
石間秀樹ビーバーズ”のリードギターとして活躍。ビーバーズ解散後に内田裕也に誘われ、ロックバンド "フラワー・トラベリン・バンド" にギタリストとして参加。1974年 "トランザム" を結成。翌年には脱退し、ソロのミュージシャンとして活動。1980年、萩原健一と "ドンジュアンR&Rバンド" を結成。1986年には、沢田研二とロック・バンド "CO-CoLO" を結成するなど精力的な活動を行った。2008年に入り、再開した "フラワー・トラベリン・バンド" に参加、現在も活躍中。

gs_back.jpg