http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

ザ・フィンガーズ

ザ・フィンガーズは、慶応高校の1年生だった成毛滋、高橋信之らによって1963年に結成された「ザ・ブルー・サウンズ」が前身である。
主に仲間内のダンスパーティなどで演奏し、やがて「ザ・フィンガーズ」と改名した。アマチュア時代は数多くのエレキバンドコンクールに出場し入賞 "コンテスト荒らし" として名を馳せていた。1964年の秋以降にフィリップスからレコード・リリースの予定があり4曲ほどレコーディングをしたが、結局発売されなかった。1965年7月、TV番組「小川宏ショー」に出演。これが石原裕次郎の眼に止まり、石原プロの準専属となる。
1966年5月には、フジTV「勝ち抜きエレキ合戦」に出場、グランド・チャンピオンとなり、彼らの名が全国に知れ渡っていった。
翌年の1967年2月に「灯りのない街」でレコード・デビュー。続き「ゼロ戦」「ツィゴイネル・ワイゼン」とリリースしたが、GS全盛の時代、インストゥルメンタルの曲では勝負にならず、バンドを大幅にメンバーチェンジ、ヴォーカルも加えて、1968年6月、石井音楽事務所に移籍「愛の伝説」で再デビューする。同年12月には待望のアルバム「サウンド・オブ・ザ・フィンガーズ」をリリース。また同年12月10日に新宿厚生年金大ホールにてワンマン・コンサート "ザ・フィンガーズ・ショー" も開催した。1969年1月には、日劇ウエスタンカーニバルにも出場と順調にみえたが、テクニック優先の成毛滋と、オリジナリティー優先の高橋信之との音楽に対する考え方の違いにより分裂、更に追い打ちを掛けるかのように所属事務所からも見放され、1969年7月31日、新宿ラ・セーヌでのステージを最後に解散した。

__成 : 1963年? 結成時グループ名 : ザ・ブルー・サウンズ)
デビュー : 1967年2月 (デビュー曲 : 灯りのない街)
__散 : 1969年7月 (最終公演 : 新宿ラ・セーヌ)

ザ・フィンガーズ : メンバー

成毛 滋 : リードギター
高橋信之 : サイドギター
高須研一郎: ベース ('67年脱退)
蓮見不二男: キーボード ('69年1月脱退)
関口恵一 : ドラムス ('67年脱退)
シー・ユー・チェン : ベース ('68年参加)
松本宏三 : ドラムス ('68年参加)
クロード芹沢: ヴォーカル、キーボード ('69年1月参加)

〜 1963年 結成時メンバー(アマチュア時代)
成毛 滋 : リードギター
高橋信之 : サイドギター
朝吹 誠 : ドラムス ('65年6月、米国留学により脱退)
三野村清雄: ヴォーカル、ギター ('64年、体調不良により脱退)
斎藤茂一 : ベース ('65年3月、交通事故により脱退)

.
 ザ フィンガーズリードギター:成毛 滋サイドギター:高橋信之ドラムス:関口恵一

シングル・リリース

灯りのない街/悲しみの中で('67年3月※インストゥルメンタル
ゼロ戦/ブルー・フィンガーズ('67年7月)※インストゥルメンタル
ツィゴイネル・ワイゼン/愛に向かって('68年2月)※インストゥルメンタル
愛の伝説/天使の横顔('68年6月)
少女へのソナタ/すてきなクリスティーヌ('68年11月)
失われた世界/LOVE ME !('69年6月)

アルバム・リリース

サウンド・オブ・ザ・フィンガーズ ('68年12月)

LinkIconアルバム・収録リストはこちらをクリック

.

主な出演

テレビ
1965年06月〜00月 フジテレビ 「勝ち抜きエレキ合戦」 グランド チャンピョン ※アマチュア時代
1965年10月~00月 日本テレビ 「世界へとび出せ ニューエレキサウンド」 グランド チャンピョン ※アマチュア時代
1968年08月26日~ TBSテレビ 「ヤング720」 ※ゲスト出演

プロフィール・そしてその後は?

成毛 滋 (本名 : 同じ) 1947年1月29日/東京都生まれ
成毛 滋フィンガーズ解散後の翌日、8月1日には「ウッドストック」を観る為に、シーユーチェンと一緒に渡米した。帰国後の1970年には、柳ジョージと角田ヒロとともに "ジプシー・アイズ" を結成。その後、"ストロベリー・パス" へと発展して行く。さらに1971年7月には高中正義を迎えて "フライド・エッグ" を結成。その後は、ソロのミュージシャン、CMの音楽の仕事も始め精力的に音楽界をリードしていった。晩年はGS時代の仲間と赤坂のライブハウスにてベンチャーズやシャドウズのナンバーを演奏し、彼の青春時代を再現し楽しんでいたという。
2007年3月29日、大腸がんにより永眠 (享年60)

高橋信之 (本名 : 同じ) 1946年7月15日/東京都生まれ
高橋信之フィンガーズ解散後は、プロデューサーとして活動し、1972年ヒットした日産スカイラインのCM曲『ケンとメリー〜愛と風のように』を手掛けた。その他、山口百恵のグリコアーモンドチョコレートのCM曲など数多くの楽曲を作曲・プロデュースを手掛け活躍。元「YMO」のメンバーでミュージシャンの高橋幸宏は実弟。
現在は、(株)アゲント・コンシピオの代表取締役。

シー・ユー・チェン (Sy Chen) 1947年12月14日/北京生まれ 東京育ち
シー・ユー・チェンフィンガーズ解散後の翌日、8月1日には「ウッドストック」を観る為に、成毛滋と一緒に渡米。その後、1974年にアメリカ・ロスへ移住。1980年には自らレストラン「チャイナクラブ」を経営する。1984年、東京に戻りブランドコンサルティング会社「シー・アイ・エー(CIA Inc.)」を設立。現在に至る。

gs_back.jpg