http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

ジャッキー吉川とブルーコメッツ

1957年結成したブルーコメッツは、1963年にジャッキー吉川がリーダーとなり『ジャッキー吉川とブルー・コメッツ』として新生スタートした。エレキ・ブーム全盛の頃もサックスを吹き続け、頑なに50年代のスタイルを維持して来たバンドではあったが、先進的にヴォーカルを取り入れていたのが、何よりもこのグループを大成させた要因といっても過言ではない。
1966年3月の、ビートルズ来日武道館公演には前座として出演した。同月「青い瞳」でレコード・デビューを果たす。この曲は英語盤で10万枚を越すヒットとなり、思わぬヒットから急遽同年7月に日本語盤をリリースした所、50万枚を突破する大ヒットとなった。続く「青い渚 」「何処へ 」と次々と大ヒットを飛ばし、1967年3月にリリースした「ブルーシャトウ」は150万枚という驚異的な数字を記録した。この曲で日本レコード大賞をも受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。NHKが、あの頑なに拒んでいたGSも唯一出場を許したグループだった。
その後、次々とヒット曲を飛ばし、ブルー・コメッツはGSの頂点に立っていった。また、美空ひばりの大ヒット曲「真赤な太陽」ではバックバンドを担当したりと大活躍の年でもあった。その人気も1968年には後続のアイドル的なGSにその座を奪われて行き、1968年10月にリリースした「さよならのあとで」以降から彼等のスタンスが変わってしまった。いや彼らだけではない、他のGSも同様に歌謡曲路線へと変わってしまったのである。「さよならのあとで」がオリコンチャートでは3位と大健闘した事が歌謡曲化に拍車を掛けてしまったようだ。その後リリースする曲はオリコン順位も徐々に落ちて行き、1971年1月リリースの「雨の賛美歌」が65位に入ったのを最後に、彼等の曲がチャートインする事が無くなってしまった。1972年8月にリリースした「雨の朝の少女 」を最後に同年10月、ブルー・コメッツは事実上の解散となった。
(実際には解散ではなく、主要メンバーが脱退した為に新メンバーでスタートを切る。)
井上忠夫、高橋健二、三原綱木が脱退したブルー・コメッツは新たに5人のメンバーを加え、1973年4月、ビクターより「哀しい少女」をリリース、新たなスタートを切った。
2001年10月 "故・井上忠夫氏" に対する深い感謝の気持ちを込め、ジャッキー吉川とブルー・コメッツは初期メンバーにて再結成し活動を再開させた。

LinkIcon再結成したブルーコメッツ

__成 : 1957年09月 (結成時グループ名 : ブルーコメッツ)※1963年 ジャッキー吉川とブルーコメッツに改名
デビュー : 1966年03月 (デビュー曲 : 青い瞳)
__散 : 1972年10月 (※主要メンバー脱退の為、事実上の解散※1973年 新メンバーにて再デビュー

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ : メンバー

ジャッキー吉川  : ドラムス リーダー
井上忠夫 : ヴォーカル、フルート、サックス
三原綱木 : ギター、ヴォーカル
小田啓義 : キーボード
高橋健二 : ベース、ヴォーカル

.
Bluecomets_top.jpg

1973年 以降 : 新メンバー

※1973年〜1977年
ジャッキー吉川  : ドラムス リーダー
小田啓義 : キーボード 初期メンバーから継続
姫神じゅん : ギター、ヴォーカル
白鳥健二 : ベース、ヴォーカル
ヒロ池ヶ谷 : ドラムス
山根宮子 : キーボード、ヴォーカル
佐伯芳江 : キーボード、ヴォーカル

※1977年〜1984年
ジャッキー吉川  : ドラムス リーダー
小田啓義 : キーボード 初期メンバーから継続
早見タロー
: ギター、ヴォーカル
金崎タミキ
: ベース、ヴォーカル
渡辺トオル
: サックス、フルート、ヴォーカル

.
2_bluecomets.jpg
第二期メンバー(1973年〜1977年)

シングル・リリース

主なヒット曲
青い瞳< 日本語盤>('66年7月)
青い渚('66年9月)
何処へ( '66年12月)
ブルー・シャトウ'67年3月)
マリアの泉('67年6月)
北国の二人('67年9月)
こころの虹('68年1月)
白鳥の歌'68年4月)
草原の輝き('68年6月)
※他、全36枚リリース
LinkIconシングル・リリースAB面全曲リストはこちらをクリック

アルバム・リリース

青い瞳/青い渚 オリジナル・ヒット第1集 ('66年9月)
※他、全17枚 コンパクト盤(17cm LP)12枚リリース
LinkIconアルバム・リリース全曲収録リストはこちらをクリック
LinkIcon<1973年以降>アルバム・リリース全曲収録リストはこちらをクリック

.

バッキング・シングル

ジャニーズ・リリース
ガール・ハッピー/チキン・オブ・ザ・シー('65年6月)※演奏
バットマン('66年7月)※演奏
尾藤イサオ・リリース
悲しき願い('65年7月)※演奏 他、多数あり
美空ひばり・リリース
真赤な太陽('67年5月)※演奏&コーラス
いしだあゆみ・リリース
青いカナリア/センチメンタル・ジャーニー('71年7月)※演奏
田代みどり・リリース
パイナップル・プリンセス(発売年月日 不明)※演奏
ビキニスタイルのお嬢さん(発売年月日 不明)※演奏
平尾昌晃・リリース
ダイアナ(発売年月日 不明)平尾昌晃と山下啓二郎 名義 ※演奏
砂に書いたラブ・レター(発売年月日 不明)※演奏
佐川満男・リリース
恋の片道切符/カレンダー・ガール('71年)※演奏
ボブ マグラス・リリース(アルバム)
ボブ マグラス・イン・トウキョウ('67年1月)※演奏
 ※アルバム内収録曲「涙くんさようなら」「イエスタディ」の2曲

.
hibari_bluecomets.jpg

主な出演

テレビ
1966年05月28日~ TBSテレビ 「ヤマハヤングジャンボリー」 ※レギュラー出演
1966年12月06日~ TBSテレビ 「ヤング720」 ※準レギュラー出演
1966年12月31日 NHK 「第17回NHK紅白歌合戦」 披露曲:青い瞳
1967年04月05日~ フジテレビ 「若さで歌おう ヤァヤァヤング !」※レギュラー出演
1967年12月31日 NHK 「第18回NHK紅白歌合戦」 披露曲:ブルー・シャトウ
1968年10月07日~ NET (現 : テレビ朝日) 「ヤングポップスエキサイト」 ※準レギュラー出演
1968年12月31日 NHK 「第19回NHK紅白歌合戦」 披露曲:草原の輝き
映 画
1967年2月 日活 「二人の銀座」 ※和泉雅子・山内賢 主演
1967年4月 東宝 「クレージー黄金作戦 」 ※クレイジーキャッツ 主演
1968年7月 東宝 「年ごろ」 ※内藤洋子 主演

ブルー・コメッツ解散後の音楽活動

ジャッキー吉川新メンバーで再スタート→ 「ジャッキー吉川とニュー・ブルー・コメッツ」
高橋健二:___音楽事務所勤務
三原綱木:___デュオ「つなき&みどり」結成→ バンドマスター
井上忠夫:___作曲家
小田啓義:___ピアニスト/作曲家/バンドマスター

プロフィール・そしてその後は?

ジャッキー吉川 (本名 : 板岡公一) 1938年8月1日/山梨県生まれ (東京・八王子市育ち)
愛称 : ジャッキー (リーダー)
ジャッキー吉川1972年10月、井上・高橋・三原の3人が脱退した後は、新メンバーで再スタートさせる。その後、メンバーを入れ替えたりして "ジャッキー吉川とニュー・ブルー・コメッツ" に改称する。
2001年10月には "ジャッキー吉川とブルー・コメッツ" を再開させ、現在活動中。

高橋健二 (本名 : 高橋 隆 ) 1938年7月9日/ 東京・文京区生まれ
愛称 : ケンちゃん
高橋健二ブルー・コメッツ脱退後は、音楽事務所に勤務し事務を務める。
その後、音楽関係から離れ会社を経営。
2001年10月再開した "ジャッキー吉川とブルー・コメッツ" に参加。

三原綱木 (本名 : 同じ) 1945年11月3日/新潟・東蒲原郡綱木村生まれ (東京・三鷹市育ち)
愛称 : ダンチ
三原綱木ブルー・コメッツ脱退後、田代みどりと "つなき&みどり" を結成。1976年 "郷ひろみバンド" のリーダーを務める。1985年からは「夜のヒットスタジオ」にてオーケストラの指揮を担当する。1986年 "ニューブリード" のバンドマスターに就任し "三原綱木とザ・ニューブリード" が誕生。
1988年には "タイガース・メモリアル・クラブ・バンド" に参加。
2001年10月再開した "ジャッキー吉川とブルー・コメッツ" に参加。
2011年11月23日には初のソロシングル『あとの祭りだヨ』をリリース。
現在も、アーティストとして活躍中。

井上忠夫 (本名 : 同じ) 1941年9月13日/東京・中央区生まれ
愛称 : ダイちゃん
井上忠夫ブルー・コメッツ脱退後は、作曲家・音楽プロデューサーとして活躍。1981年、”井上大輔”に改名した。フィンガー5の「学園天国」シャネルズの「ランナウェイ」などを作曲し、数々のヒット曲を生み出した。また、CM音楽やアニメ音楽にも手掛け、その功績は大きい。

2000年5月30日永眠 (享年58)

小田啓義 (本名 : 同じ) 1939年12月23日/東京・世田谷区生まれ
愛称 : ヒゲの小田ちゃん
小田啓義1984年 "ジャッキー吉川とニュー・ブルー・コメッツ" を離脱する。作曲や編曲をするかたわら、1985年「第36回NHK紅白歌合戦」で "小田啓義とニューブリード" のバンドマスターとして指揮を執った。また、NHK文化センター「趣味の作曲講座」の講師を務めたり、自身で音楽教室を開いたりと多岐に渡り音楽活動を続けている。
2001年10月再開した "ジャッキー吉川とブルー・コメッツ" に参加。

オフィシャルサイト

LinkIcon”ジャッキー吉川とブルー・コメッツ”オフィシャルサイト

gs_back.jpg