http://dankaisedai.co-suite.jp/concert/gs_concert.html

オリーヴ

オリーヴは、全国のバンドからメンバーをスカウトし、1969年5月に結成されたGSとしては最も後発のグループだった。同年10月フィリップスから「君は白い花のように」でレコード・デビューを果たした。ツイン・ドラムという日本では珍しいスタイルで、アイドル路線を行く「オックス」を目指して結成されたバンドだったが、GSブームの終焉からのデビューだけにヒットには繋がらなかった。1970年にはRCAビクターへ移籍し、2曲目のシングル「ハートブレイク・トレイン」をリリース。その後、シングル2曲をリリースするも成功までには至らずに消えていった。
このグループも、ザ・ヤンガーズと同様に、都内の女子中高生から圧倒的な支持を得ており、プロマイドの売り上げも好評ではあったが、今と違いメディアの影響が地方までには浸透せず、全国レベルまでには至らなかった。オリーヴがもう少し早くデビューしていたら、また違った展開になったのではなかろうか。
また、モップスの鈴木ヒロミツさんが「幻の名グループ」と絶賛していた程、実力のあるバンドだけに惜しまれるグループだ。
追記
1971年秋、リーダーの森下春雄がラストシングル「マミー・ブルー」リリース前に脱退してしまった為、この曲は4人での演奏となりリリースされた。その後、新たなドラマー(注:1)が加入したが、時を同じく解散に追い込まれてしまった。
__※元オリーヴの上原修様(現・加山雄三&ハイパーランチャーズ)より情報を提供して頂きました。(2013.2.9 追記)
追記:2
(注:1)再結成されたザ・ブレイズの初期ドラマーがブレイズ脱退後に森下春雄の後釜のドラマーとして加入した。
__※terasawa様より情報を提供して頂きました。(2013.6.30 追記)

__成 : 1969年05月 (結成時グループ名:同じ)
デビュー : 1969年10月 (デビュー曲:君は白い花のように)
__散 : 1972年0?月 (最終公演:池袋ACB)

オリーヴ : メンバー

森下春雄 : ドラムス リーダー
________(1971年秋、脱退)
竹屋かずみ: ギター
木村みのる: ヴォーカル、ドラムス
上村 修 : ベース
水野ジュン: キーボード
黒田一夫 : ドラムス(1971年秋、加入)

結成時メンバー
山根ゆたか: キーボード リーダー
森下春雄 : ドラムス
竹屋かずみ: ギター
木村みのる: ヴォーカル、ドラムス
上村 修 : ベース

.
uehara_olive.jpg
_※写真提供:元オリーヴ 上原修様(現・加山雄三&ハイパーランチャーズ)

シングル・リリース

君は白い花のように/愛のめぐり逢い ('69年10月)
ハートブレイク・トレイン/小さな初恋 ('70年9月)
カム・オン...! /愛ある国へ ('70年11月)
マミー・ブルー/君と別れて ('71年12月)

※アルバム・リリース無し

.

主な出演

映 画
1970年5月 日活 「女番長・野良猫ロック」 ※和田アキ子・梶芽衣子 主演
 演奏シーンにて、ジ・オックス、モップスと共に出演、演奏曲「君は白い花のように/薆のめぐり逢い」

プロフィール・そしてその後は?

森下春雄 リーダー
haruo.jpgレンジャーズのドラマー。レンジャーズ解散後に参加。
1971年秋、ラストシングル「マミー・ブルー」リリース前にオリーブを脱退。
現在は、千葉県に住んでいるようです。

上村 修 (本名:上原 修)
上村修オリーヴ解散後は、ローズマリーの前身バンド "ピープル" に参加する。1974年、ローズマリーを脱退し、エディ愛川、東冬木、中尾喜紀と共に "ジュテーム" を結成。1977年には "ミッシェル" を結成、同年10月にRCAレコードより「PRETTY BABY」をリリースした。
その後、"内田裕也&1815トルーマンカポーティバンド" に参加しロックフェスティバル等に多数出演した。
1980年、チャックベリー(ビートルズが絶賛し敬愛していた伝説のロックンローラー)の初来日時には、全国ツアーのメンバーでピアニストとして選抜され、チャックベリーと行動を共に演奏を披露した。
1994年には加山雄三&ハイパーランチャーズ に参加し現在も活躍中。キャンピングカー好きで本も執筆している。
2013年1月、加山雄三&ハイパーランチャーズのリーダーである島英二(加瀬邦彦&ワイルドワンズ)により結成された「島英二&メンズクラブ」にベーシストとして参加。2月12日に東京・銀座タクトにてデビュー・ライブを開催。
LinkIcon上原修 オフィシャルサイト

竹屋かずみ (本名:竹屋一水)東京・田端 生まれ
minoru.jpgオリーヴ解散後の1974年には、元 "ザ・ヤンガーズ" の永井光男が結成した "ビーナス"(後のザ・ヴィーナス) に参加する。1980年に脱退。ザ・ヴィーナスのヴォーカルと結婚し、現在は東京・田端で、もんじゃ焼き店を経営。

木村みのる(本名:木村武美)青森・金木町(現:五所川原市)生まれ
kazumi.jpgオリーヴ解散後、俳優を志す。その後、第一プロのマネージャーになり新沼賢治を育てた。第一プロを退社後、結婚して仙台に移り住む。現在は「ミュージックパブ・ドラム」(仙台市国分町)を経営。今でもドラムを叩いてお客様を喜ばせているそうです。

LinkIcon木村武美 Facebook_※『木村武美 私の音楽のルーツ』に当時のオリーブの事が詳しく書かれています。

水野ジュン
水野ジュン元 "ジ・アップル" のキーボード奏者。ジ・アップル解散後にオリーヴに参加した。
オリーヴ解散後、ファンの方と結婚。東京・国立に一戸建ての住居を構え住む。現在も、演歌歌手などのバックバンドでシンセサイザーを担当して活躍しております。

gs_back.jpg