洋楽フォークソング加山雄三

ザ・カッペーズは、1963年に青山学院大学の学生を中心に(大山徹のみ日大生)結成されたフォーク・グループである。1967年にポリドールから「さよなら二つのお星様」でレコード・デビューを果たした。同年11月、2ndシングル「夜霧のガイコツ今晩は」をリリース。この曲は、ザ・タイガースのデビュー曲として準備されていたがマネージャ側に拒否され、同じくGSのザ・ルビーズがレコーディングした。しかし発売とは成らずお蔵入り。どのような理由かは定かではないが、同じポリドールに所属していたザ・カッペーズから発売された。レコード・ジャケットでも分かるように、全身ガイコツのタイツを装い、奇を狙った出で立ちに評判にはなったがヒットまでには至らなかった。翌年の1968年5月、3rdシングル「お馬ポコポコ」をリリースした後に解散。その後、"グリーンフィールズ" と改名し、1969年9月に「イムジン河のほとりで」で再デビューした。
※本来はカレッジ・フォークに分類されるグループですが、GSに提供する予定だった楽曲「夜霧のガイコツ今晩は」をリリースした事により、敢えてここに掲載しました。

__成 : 1963年?結成時グループ名 :不明 )
デビュー : 1967年?(デビュー曲 :さよなら二つのお星さま )
__散 : 1969年?(最終公演 : 不明 )
____________※ "グリーンフィールズ" に改名、1969年9月「イムジン河のほとりで 」で再デビュー

ザ・カッペーズ : メンバー

笹島 斌 :リーダー
川手国靖 :
大阿久芳樹:
林 伸彦 :
大山 徹 :

シングル・リリース

さよなら二つのお星さま/豆狸の唄('67年?月)
夜霧のガイコツ今晩は/夏の悲しみ('67年11月)
お馬ポコポコ/いつかきっと('68年5月)

※アルバム・リリース無し

.
cappays.jpg